医学部に合格するには専門の予備校に通うのがおすすめ

医学部の受験は、自分の学力に応じて他の学部への切り替えができない

有名大学への進学実績が少ないことから進路指導の教師も就職をメインとした教え方をしているので、高校に頼らずに自分で受験のパートナーを見つけなければいけません。
入学した高校のレベルによる不利を覆すには、高校とは別に専門の予備校に通って勉強するのが効果的です。
進学校の部類だとしても医学部受験はかなり特殊だから、プロの力を借りなければ役に立つ情報が入ってきません。
いずれにせよ専門の受験対策が必要だから、どこに進学しても高校生活で友人と楽しむといった活動よりも受験勉強を優先する毎日です。
合格実績が多いことも重要ですが、自分に合った学習スタイルを選んだ方が上手く噛み合います。
おすすめの内容をしっかりと理解して、自分の性格に向いているのかを熟考しましょう。
原則的には個別指導による手厚いサポートを受けるのがおすすめですが、そこまでお金をかけられない場合や自分でどんどん勉強できる場合は専門コースもある通信教育で勉強するのも有効です。
現在ではインターネットを通して生講義とほぼ変わらない環境で受講できるので、あまりお金をかけずに自分の努力だけで合格を目指すのも1つの方法となります。
ただし、表には出てこない各大学の動向や採点基準といったリアルタイムの情報、最終的に合否を分ける二次試験の対策については専門の予備校の独壇場です。
医学部の受験は、自分の学力に応じて他の学部への切り替えができない、厳しい競争です。

医学部予備校を福岡でお探しなら医学部予備校PMD http://t.co/dQyZODSkAZ @ThinkDevGrow さんから

— suguru6020 (@suguru6020) 2015年6月17日

受験本番までに自分の学力をどれだけ高められるのかがキー | 医学部の受験は、自分の学力に応じて他の学部への切り替えができない | プロが考案するオリジナルの学習計画は的確