カードローンの契約方法

カードローンはインターネットで申し込んだ後の契約に、WEBと来店と郵送を選べるところがあります。

WEBでは来店不要で契約、カードがご自宅に届く前に銀行口座に振り込んでもらえます。

来店は店頭窓口または自動契約機へ直接出かけて契約、その場でお金を借りることができます。

郵送は契約書類が自宅へ届けられ、また返送する必要があるためにお金を借りるまで日数がかかりますので、急ぎの方はWEB契約または来店契約が良いです。

急ぎでない方はどちらか都合のいい契約方法を選べます。



カードローンの返済日忘れを防ぐコツ



生活に合わせて使えるカードローンは大変便利ですが、その便利さがアダとなる場合もあります。

特にカードローンを持ち過ぎてしまった時は困ることが出てくるのです。

それが「返済日」。沢山のカードローンを利用していると、返済日を忘れて、支払期日を過ぎてしまう事があります。

ですからそれを防ぐためにも、なるべくカードローンはまとめておく方が良いでしょう。

あちこち利用するのではなく、数社に絞って使うようにすれば、返済日を忘れにくくなります。

借り換えローンガイド【低金利でカードローン・キャッシングをのりかえる!】





カードローンの良いところについて



カードローンには少し抵抗があるという声はよく聴きます。

しかし、カードローンには良いところがたくさんあるという事を知れば、少しはその抵抗も減るのではないでしょうか。

まずカードローンは持っているだけでは、お金などは一切かかりません。

ですから、まさかの時などに備えて持っておくという事はおすすめできます。

また、使い方によっては確かに失敗もないわけではないですが、上手に使えればとても便利で助けられている人も多いです。





消費者金融系と銀行系、信販系のカードローン



カードローンには消費者金融系と銀行系、信販系の主に3つがあります。

どのカードローンでもローンカードを使ってご利用限度額の範囲でお金を借りることができるのは同じです。

消費者金融系は審査がスピーディーで急ぎの時に、銀行系は審査に厳しく時間がかかりますが、金利が低くご利用限度額が高いので時間に余裕のある時に、

信販系は消費者金融系と銀行系の間にある位置づけです。信販系ではクレジットカードを発行している会社が提供していることが多いです。





カードローンは借りる金額に制限あり



利用限度額以外にも制限を持っているのがカードローンです。

借りられる最低金額というものが決まっており、その金額以下の借り入れはできません。

これによって会社を変えた方がいい場合もあるので、よく考えて利用してください。

生活費のために利用するのがカードローンではありませんので、沢山お金が必要だと思えるような状態で使うべきです。

生活費に利用する場合は対応しているカードローンを利用しないと、借りる金額が多くなって苦労することになります。

前の記事